旅行と読書と美味しいもの巡りが趣味の自称乙女のよろずなブログですよ。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
Sound Horizon『Marchen』続・感想というかレビューというか思ったこと。
評価:
価格: ¥3,800
ショップ: 楽天ブックス
コメント:すんごい変態アルバム。私にとっては良い意味で!

先日の感想は、一度このアルバムを通しで聴いてすぐ、勢いでAmazonのレビューに投稿したものなので、今見返すと色々追加で言いたいことが出てきたぞ。
Amazonでは思いのほか色んな方に見て頂けてるみたいで嬉しいです。ありがとうございます。
しかし日に日に伸びてくレビュー数!皆語りたいのねえ…分かる分かる…。

で、まぁメルヒェンはすごい変態アルバムだったわけですが、やっぱり聴けば聴くほど面白くなってきました。こらスルメですね。
前のレビューで疾走系が少ないと書いたけど、実はどの曲でもある程度は走っているのですね。
穏やかに明るくコミカルに、そして走る!みたいな。
1曲で起承転結してるから、全体通して激しい曲というのはないけど(あえて挙げれば宵闇の唄くらい?)、聴いてるとゾクゾクきますねー。このCDは絶対ヘッドフォンで聴いた方が良いです。

私は「茨の城で眠る姫君」と「青き伯爵の城」あたりをよく口ずさんでおります。ええ、仕事中などでも…。
下川みくにの歌声、初めて聴いたんですが綺麗な声でビックリ!

あと初回限定盤のブックレットについても触れておきたかった。
限定盤はブックレットが分厚い絵本仕様になってまして、私は最初これに目を通すのに30分くらいかかりました。
yokoyan氏のイラストと言い、歌詞の凝り様といい、とても美しいです。変態的なほどに…。
で、個人的にこの『Marchen』というアルバムは、この絵本とセットで初めて完成するのだと思っております。

ようつべやニコニコで音源だけ聴いても、何がどうしてこうなったんだか訳分からないんじゃないかい。
まぁ絵本と一緒に音源聴いてても訳分からないところは訳分からないんだけど…。
でもこの絵本の美しさだけでも、限定盤の価値ありますよ!


こりゃコンサートが楽しみだ。私は26日に参加しまーす。
…ってわぁ、もう一週間切ってる!

| 00:55 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0) |
Sound Horizon『Marchen(初回限定盤)』感想
評価:
Sound Horizon
キングレコード
(2010-12-15)
コメント:これまで以上に癖が強く、好みがはっきりと分かれるでしょう。

一度通して聴いた後まず思ったのは、今回はこれまで以上に癖が強く、聴く者を選ぶアルバムだなということ。

Sound Horizonは新しいアルバムを出すごとに新しいことにチャレンジしており、
毎回その内容で賛否が分かれるというのは仕方のないことでしょう。

今回はタイトル通り「童話」をモチーフにしていることから、ストーリー性という面ではこれまでのアルバムよりオリジナル性が低いです。
個人的には、自分が知っている物語をRevo氏が曲にするとこうなるんだ!という意味で、この点は非常に斬新な思いで楽しめました。
また曲中でも既存のアルバムからのフレーズを多々引用している箇所がみられます(まぁ、この辺はサンホラーならお馴染でしょう)。
1曲目の「宵闇の唄」では後半、クラシックのメドレーまで聴けます。
とある雑誌のRevo氏インタビュー記事によると、このクラシックの曲ひとつひとつにも意味を持たせているとのこと。
このあたりの考察も、コアなファンの方々には楽しめる要素のひとつでしょう。

しかし、一枚の音楽アルバムとしてこのアルバムを聴く場合、満足できるかどうかははっきりと好みが分かれるところ。
既存のアルバムより更に一曲一曲のミュージカル色が強くなっており、声の加工やセリフの聞き取りにくさは前回までの比ではありません。
更に曲調もmoiraの「冥王」や「奴隷達の英雄」、「死せる英雄達の戦い」ような疾走系のキラーチューンが少ないです。
明るい穏やかな曲調で残酷な歌詞を歌う曲が多く、歌詞や世界観を重視する方には非常にお勧めできますが、
「俺は激しい曲が聴きたいんだぜ!」というメタラーの方々には物足りないでしょう。
また初めてSound Horizonを聴くという方には、あまりに難易度が高いのでお勧めできません。
今回は1つの童話ごとに違う歌姫を起用し、台詞も歌姫自身が担当していますが、どの方も歌唱力が高く、その点は安心して聴くことができます。


「Sound Horizonが紡ぐ世界が大好きだ!どっぷり漬かりたい!考察したい!」という方には、今回も大いに満足できる内容かと思います。
世界観や構成は1期の「Elysion〜楽園幻想物語組曲〜」の雰囲気に近いものがあるので、
2期になってサンホラから足が遠のいていた方も、一度拝聴してみる価値があると思います。

| 11:08 | 音楽 | - | trackbacks(0) |
再開しまーす

随分時間が経ってしまった!
色々ネタも貯まってますし、ぼちぼち再開したいと思います。

| 01:03 | 日常 | - | trackbacks(0) |
ご無沙汰しております。

ついったー、どうも私にはうまく使いこなせませんで。
ブログも放置気味ですんません。爽やかに更新したい!

ので、ちょっと近々改装予定です。
とはいってもテンプレート変えるだけだけど多分。

| 00:12 | 日常 | - | trackbacks(0) |
ツイッターはじめました。

というかまぁ登録自体は前からしてたんですけど使い方がよく分からずほとんど放置でしたが最近ちょこちょこつぶやくようになりましたので自称乙女のリアルが知りたい方(いるのか?)はフォローなんぞしてみてください。ブログもたまには書きたいですが。
肝心のIDは@airlistです。
ちなみに使い方は今も全然分かっていませんので、基本つぶやくことしかしてません。誰か教えて。

| 23:12 | 日常 | - | trackbacks(0) |